古典オタクのPodcast【つぼねのあのね】配信中 Spotifyほか

「光る君へ」に捧ぐ おぎ的百人一首 その一

  • URLをコピーしました!

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

おぎちゃん百人一首作ったら?

おぎ

ん?おたまは何を言ってるのかな?

たま

じゃあ「光る君へ」の感想を和歌で頼む

おぎ

だから、おたまは何を言ってるのかな??

 Podcastで、大河ドラマ「光る君へ」の放送後に感想をただただ語る【光る君へ日記】を配信しているおぎたま。雑談の流れから「せっかくなので、この感動をおぎちゃんに毎回歌に詠んでもらおう!」ということになりました。ということで、毎回苦労して捻り出してくれた和歌をここに記録して参ります。

Spotify for Podcasters
#23 始まりました!「光る君へ」 ※ネタバレ注意回 by つぼねのあのね〜几帳の向こうの友がたり〜 <ネタばれ注意回!!!> 先の1月7日日曜日、大河ドラマ「光る君へ」の放送が開始されました! おぎたまは1年前から予習と妄想を重ね、この日を待ち望んでいました。 い...
第1回「約束の月」

101番

明けぬれば来るべきものとは知りながら なほ恨めしき週の明けかな

訳:週が明ければじきに週末がやって来るとは知っているけど、やはり「光る君へ」の次回が恋しくて週が明けるのが恨めしい。

Spotify for Podcasters
光る君へ日記 第2回「めぐりあい」 by つぼねのあのね〜几帳の向こうの友がたり〜 「光る君へ」の第2回放送ではまひろ(紫式部:吉高由里子さん)と三郎(藤原道長:柄本佑さん)が大人になって再会を果たします。 そしてわれらが秋山実資様(藤原実資:秋...
第2回「めぐりあい」

102番

週明けの後の心に比ぶれば 末は物を思はざりけり

訳:「光る君へ」の放送の終わった週明けの渇望感に比べれば週末の胸の高鳴りなど見たい気持ちに入らない。

Spotify for Podcasters
光る君へ日記 第3回「謎の男」 by つぼねのあのね〜几帳の向こうの友がたり〜 光る君へ第3話「謎の男」では、誤認逮捕された三郎(藤原道長:柄本佑さん)の行方を案じるまひろ(紫式部:吉高由里子さん)に、得体の知れぬ男が近づきます。(ホゥホゥ) そして今...
第3回「謎の男」

103番

Xの「光る君絵」のタグの絵の上手きを見れば夜ぞ更けにける

訳:Xに絵師の皆様がUPなさっている#光る君絵の上手な絵を眺めているだけであっという間に夜が更けてしまった。

Spotify for Podcasters
光る君へ日記 第4回「五節の舞姫」 by つぼねのあのね〜几帳の向こうの友がたり〜 吉高由里子さん(まひろ/紫式部)がインスタに五節の舞姫のお衣装を載せてくださった時からずっと「紫式部が五節の舞姫?なにゆえに?」とおぎたまは頭を悩ませてきました...
第4回「五節の舞姫」

104番

大き河 鳥辺野の路を 吹きとぢよ  直秀の姿 しばし留めむ

訳→大河ドラマ制作の皆様!鳥辺野へ続く道を封鎖してください!直秀の笑顔をまだ見ていたいから。

Spotify for Podcasters
光る君へ日記 第5回「告白」 by つぼねのあのね〜几帳の向こうの友がたり〜 のっけから、令和の兼業占い師・おぎはまひろのもとにやってきた僧侶と寄坐(よりまし)の女性に目を奪われました。「これがあの『加持・祈祷』というやつ…か?」。今日も...
第5回「告白」

105番

世の中に 「光る君へ」のなかりせば 月曜の心は のどけからまし

訳:もしこの世に「光る君へ」がなかったら、月曜日の心がこんなに乱れることもなかったろうに。仕事にならん!

Spotify for Podcasters
光る君へ日記 第6回「二人の才女」 by つぼねのあのね〜几帳の向こうの友がたり〜 とうとう登場しましたよ、ウイカ少納言が!今まで妄想を楽しんでいただけのファーストサマーウイカさんが、ききょう(清少納言)として生き生きと漢詩の会に出席しているお...
第6回「二人の才女」

106番

世の中を見るも変えろも別れてはなるもならぬも北の方には

訳:あなたの世の中を見たいとか変えろとか言うけれど、別れてしまっては北の方になるもならんもできんとよ?

Spotify for Podcasters
光る君へ日記 第7回「おかしきことこそ」 by つぼねのあのね〜几帳の向こうの友がたり〜 「どうも今回の大河では打毬が登場するらしい」ということは事前の情報で知っておりましたが、第7回にしてとうとうそのシーンが登場しましたね!普段は室内にばかりいるF3...
第7回「おかしきことこそ」

107番

『光る君へ』がため惜しくぞありつる時間さへ 長くもがなと思ひけるかな
 
訳:「光る君へ」を万全の体制で見るために寸暇を惜しんでやるべきことを片付けたのだが、一度見始めてしまうともっと長く見たいと思ってしまう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人